タグ別アーカイブ: finance

「起業のファイナンス」@isologue さんセミナーまとめ #ceocfo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 

僕らの経営する株式会社ハロの今後の計画を考えるため、

磯崎さん(@isologue)の「起業のファイナンス」セミナーに行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

参考までに、現状、ハロは資本金850万円、経営陣で株式を100%保持しています。

キャッシュフローの安定化のために、一部借入れは行っており、毎月返済している状況、変則で4期目となる今期は黒字の見通しがついています。事業内容はソーシャルアドのプラットフォーム運営、ソーシャルメディアマーケティング支援。

現在、資金を調達してドライブをかけるべきか、このままいって独自のスタンスを取るか、方向性を模索中です。

 

■本セミナーの問題意識とサマリー

・日本の起業資金環境は決して悪くはない

livedoor事件後に悪化、という話もあるが、決してそうではない。

ビジネスプランによる。

 

・「最初の間違い」ほど後で修正が困難

特にファイナンス面。

上場前になると、教えてくれる監査法人とかはある。でも、肝心の起業当時にアドバイスをくれる人は少ない。

 

・「アメリカのやり方」そのままでいいか?

事例の参照はよいが、鵜呑みにしてはいけない。日本の、そして自分のおかれた環境を考えたファイナンスが必要。

 

■投資の現状

<日本>

2006/4−2007/3 2790億円・2774件

2009/4−2010/3 875億円・991件

1000億円/年を割る状況

<US>

は2008のリーマンショック以降、復活。

2兆円/年はある。

 

■日本におけるファイナンスのポイント

・重要なのはファイナンスされている全体量ではない。

・自分の事業には、いくら資金調達が必要かが問題

100万円?〜1000億円?

→1000万円〜1億円なら、全体の供給量なんて関係ない。自分の事業がイケているかどうか。

 

■ベンチャーファイナンスの歴史

90年代後半に証券ビッグバン(USは1975年)

→新規上場のハードル低下(それまでは、アーリーステージの投資は事実上存在しなかった)

ベンチャー企業の不祥事もあった。

まだ、自由化後の経験は10年しかない。

 

■生態系が重要

日本の生態系は確実に厚みを増している。

・上場、バイアウト経験者。

・ベンチャー企業勤務経験者

・支援する投資家、専門家

・志望者

これらが連鎖反応あり、2degreesくらいの知り合いでつながっている。

300万件の成功例は不要。10件でいい。

 

■負債(デット)と資本(エクイティ)

リスクのあることは、エクイティで調達

銀行借入ではリスクは負えない(逆に、リスクが少ない事業ならデットでもよい)

USではstartupは基本的にエクイティ(ただしConvertible noteなどは利用される)

10年前までは、銀行借入が常識。それ以降は、株式で返さなくて良いお金で調達する手段が現れた。

 

■投資家は儲かりそうな」案件に資金を出す

・「投資家が」儲かりそうな案件

基本的には、会社が大成功すればみんなハッピー。しかし、ホームランだけではなく、一塁打もある。

→バイアウトのケースなど

 

・あなたの事業は、「(投資家が)儲かるのか?」

将来、どのくらいの利益が出る?

企業価値=時価総額はどのくらいを目指す?

→1億円調達して、何%を保持する?を考えること。

 

・それを説明できるか?

VCが理解できないのは、説明力不足では?

社長が説明するのでもいいし、「いいCFO」がいるとGood.

→投資家がわかる言葉で価値を説明しよう。

 

■投資家はあなたを何で判断するか?

・決まった見分け方はない

・合理的に儲かりそうな可能性があるのは、前提中の前提。

→あなたがそれを実現できるかは別。

・投資家が何を面白いと思うかは「人それぞれ」 (銀行の人はある程度パターン化できる。返済計画など)

・成功させる方法はあるかも。

→シリコンバレーのベンチャーは再現性がある

・ベンチャービジネスは和製英語。ベンチャーするのは投資家の方だ。

 

■ベンチャーと「失敗」

・ベンチャーは100%失敗する。 byNTVP村口さん

事業計画通りいったベンチャーは見たことない。

それが悪いわけではなく、flexibilityが大事。Pivotをうまくやる。

・失敗を防ぐ方法はない

・失敗をしたときに「とんでもないこと」にならない方法はある

・借入や、その個人保証をしない

→借入している場合は、投資した分をその返済に使われるのでは、と投資家は考える場合がある。

・株式の買取保証をしない(おおっぴらにはやらないと言っていても、投資契約についている場合がある)

・個人破産をするのはNG

・知識をしっかり入れる

・信用が大事。★失敗してもコミュニティでの信用が残る。(信用を失うような失敗の仕方はしないこと。約束を果たせないこと)

これまでは、デット中心だったため、「失敗=誰かに迷惑をかける」だったため、約束を果たせないことが多かった。

エクイティの場合は、成功したら分配、失敗してもリトライ、となる。

まあ、成功すれば関係ないのですが。

 

 

日米比較をしてみます。

 

■米国ベンチャーの公開前資金調達額

Google 1,000百万ドル。

Linkedin 129百万ドル。

Groupon 1,376百万ドル。

Zynga 974百万ドル。 =日本全体の年間の資金調達額。

 

■日本ベンチャーの公開前資金調達額

楽天 4.45億円 →時価総額1兆円

DeNA 30億円 →時価総額6000億円

mixi 9,840万円 →460億円

GREE 4.8億円 →時価総額5000億円

 

→巨額の調達ができないのもあって、早期に利益を出すモデルになっている場合が多い。

「DeNAは自分で稼いだお金をせっせと貯めて事業を作った。GREEも同様。

一方米Zyngaはお金を稼がずにエクイティ調達で事業を作っている。

アメリカは『利益を出すよりも先にやることがあるだろう』という考え方だが、日本は堅実に少ない投資で稼ぐ」

 

比較してみると、日本には非常においしい案件が転がっている。

 

■事業計画と事業価値、資本政策の関係

・財務諸表 PL、CS、BS

・資本政策表をつくる

1年後:VCに33%渡して、1億円を調達

2年後:さらに時価総額を上げて調達。

3年後:上場

最終的な持分を検討すること。

 

・創業者の持ち株比率

ケースバイケース。

 

■単純なシリコンバレー信奉は危ない

・USとは資本市場の厚みが違う。

・USでは創業者は10%ほどしか持っていない。

創業者でないとできない事業か、そうでないか?

Googleを始めとするdual classの例。創業者が事実上全権を握っている。

→日本の場合は、USと比較して、高めの比率を持たないと、という面も。

 

■日本の状況に即した資本政策

・カネさえあれば成長できるか?

サーバーなど、投資は限られる。つまり、お金のかかるのは人やプロモーション。

雇用の流動性が低い、解雇規制がある。

→日本でそんなに急速に「人」が集まるのか?

 

・ソーシャルグラフや信用の形成が大事。

 

■参考に、各社の社長の持ち株比率

楽天:クリムゾン、三木谷夫妻 61.89→44.75%

DeNA:南場さん 18.72→14.35%(安定株主入れて30%ちょい)

mixi:笠原さん 62.75→57.88%

GREE:田中さん 62.40→49.30%

ある程度持っていた方が、議決権を持って、経営に集中できるのでは。

(対して、社長の持ち株比率が1%を切っている会社もあるから、マストではないが)

 

続きはこの本で(笑)

起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと

起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと

posted with amazlet at 11.08.12
磯崎 哲也
日本実業出版社
売り上げランキング: 2768

A:「ありえないっすよ!」と言えるように。

飲んでも、成功すれば問題ない。実際に行使されたケースはあまり聞かない。

 

 

※パネルディスカッションにて

■巨額の資金調達 を実施するためには

数千万円〜数億円のファイナンスを意識するキッカケは?

ノボットの事例:

「Smartphoneは絶対伸びる」と前のめりに。伸びる市場でやることが大事。

毎週サムライインキュベートとのMTGを2年半続ける。広告周りは榊原さんの強みでもあった。

CFOが最初からいたのが強かった。(お金はかかるが、当初からCFOを入れた所がポイントでもあった)

 

クララオンライン:

スギ薬局の会長など、個人ベースで資金を調達してきた。最初は18歳で銀行からは借りれず。21歳から銀行借入れを実施。

2006年に方針を転換して、拡大する路線へ。インフラをやるという、重たい事業でもあるため。

 

コミュニティファクトリー:

自分の強みがないと市場価値がない。だから、強みであるSNSを深堀りしていったら、誰にも負けなくなり、好きになるスパイラルになった。そこからソーシャルどっぷりに。時代の潮目に合っていて、ちょっとだけ先であることが大事。

今ならSmartphoneだけど、巨額の調達か、というと今ではないかも。

自分の好きな分野で、やりたい事業について、投資家がわかっているとは限らない。だから、そのタイミングがマッチした時が大事。

 

mixi:

mixiアプリをリリースするときも、そのタイミングではVCの方は理解していなかった。だから、自分たちでリスクを取り、mixiファンドを作った。

リードVCをどう選ぶかはベンチャーにとって非常に大事。

例えば、コミュニティファクトリーへmixiが入れるときは、買取請求権は入れていない。しかし、他VCは買取請求権を求めてきたケースがあった。そこで、リードVCをであるmixiファンドがコントロールした。

PLだけでなく、ユーザー数や、ソーシャルの体験をどうリッチにしたかもKPIとして見ている。

(これは事業を理解できる方がリードVCであることならではと思う)

 

サムライインキュベート:

契約書は結ばない。「投資契約書を見た瞬間に、テンションが下がるケースがある」→メールで!!!

それだけ、Startupの気持ちを楽にしてあげたい。気持よくスタートしてもらう。

毎週会う。

 

■資金調達その後

事業転換(Pivot)を考えたタイミングはあるか?事業計画とのギャップに対してどう考えているか?

クララオンライン:

自社の提供するサービスと、市場価格の下落スピードに違いがあった。株主と話し合った結果、思い入れのある事業を切り離すことに。

 

mixi:

当初、Findjobで上場を考えていた。(証券会社も別の所で計画)mixiは、「出会い系」と言われていたので、上場はできないと考えていた。

しかし、別の証券会社にいた小泉さんが、ユーザー30万人、利益ゼロで200億円で上場できるのでは、という計画を立てた。(結果的には1000億円で上場)

mixi的には、マネタイズを遅らせたいとは思っていた。SNSがコミュニケーションのプラットフォームになり得るという想いがあった。(今のFacebookの状況と似ている)

IPOが近づくと、ストックオプションを付与したくなる。が、「ボーナスとして」付与するのではなく「株主」として付与すべき。行使するのに2-5年かかるので、それまでやめない社員もおり、会社のステージが変わるのに不要な人材となり得ることがある。

CFOを入れるタイミング。CEO、CFO、CTOはパートナーであるべき。3者の描く絵のサイズが揃うことが大事。CEOの絵が大きいのに、CFOの絵が小さいとマッチしない。

※証券会社の方はCFOになりたい方も多いですよ。

 

コミュニティファクトリー:

2011年初には、Smartphone半分、ガラケー半分、という計画を立てたが、3月には、全部Smartphoneと転換。

3カ年の事業計画は、決意表明的なものでもある。なるべくこまめに、ステークホルダーとコミュニケーションをとり、舵を切ることが大事。

やっているメンバーが、自分の事業を「やめます」と言い出すのは難しい。だから、経営陣で撤退基準を決めておいたり。

 

 

Q:CFOの探し方は?

A:こうしたイベントでゲットするのがよし!5年目くらいまでの方にとっては夢のプランになり得る。ノボットの場合もそう。

 

■サムライ榊原さんの考える資金調達のポイント

・イベントを主催したり、目立つことが大事

・月に2回プレスリリースを打つ

→市場が盛り上がっている感がでる。日経に載ることなども大事。

 

■イケてるStartupになるために

サムライ榊原さん:

No Action, No Change! 手前の利益ではなく、ドラえもんや、マイノリティリポートのようなものを目指せること。

実はベンチマークはY combinatorではなく、渋沢栄一。しかし、彼はノーベル平和賞を取っていない。だから、とりたい。

政治のプラットフォームや、クリーンテックとか。

儲かるか儲からないか、ではなく。

 

磯崎さん:

起業家の人は、自分はイケてる、とみんな思っている。

投資家からすると、コイツに投資するとリターンがあるな、と考えるのは前提。それを、ファイナンスの言葉で投資家に説明できることを「イケてる」と評価する。

とにかく人を引き込むのが良い。

 

■参考

@kyoneshigeさんがトゥギャってくれてるのでコチラもぜひ!

イケてるベンチャー 投資家を納得させる秘訣とは

※認識違いなどあれば@ossamまでお願いいたします!

 

つまり、大きな絵を描いて、アツくなれ!ということで。

アイデアと、実行力と、仲間があれば、お金は集まる。

自分には、まだそれが足りない、というところも感じました。

機が熟すタイミングを見極め、僕もエンジンかけていきます。

 

※僕のブロードキャスト癖は、ズームインでDや記者の端くれをやっていたことに起因しています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加