タグ別アーカイブ: social

Wondershakeで心が揺れる日常を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 

Wondershakeをリリースしたばかりの鈴木仁士(@Doubles9124)くんとランチをしました。

 

使ってみての感想などをフィードバックしつつ、想いと働き方について聞いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■Wondershakeを作る目的

 

日常を面白くしたい!

心が揺れる体験を作り出したい!

 

〜本人より〜

Wondershakeがあった結果、街に出向くことが面白くなるとか、大学に行く事が面白くなるとか、

人々の毎日の意識が変わってくると感じています。

近くにいたけど見えなかった可能性/価値を可視化するのが自分達の役目だと認識しています。 

 

※Wondershakeの”shake”は心が揺れる、という意味だそう。

 

 

■僕が共感する、サービスの面白いところ

その場所にいる人の興味が可視化されることにより、当たり前の場所が面白くなる。

いつもの場所で、非日常の出会いがある。

 

面白いサービスは沢山あるんだけど、使われるのはやっぱり日常で使える物。

いつもの生活が面白くなる、というところに共感します。

イベント用にもよさそうだね、という話もしたんだけど、

それは「非日常をさらに面白く」で、あくまで「日常を面白く」なところがいいなと。

 

 

 

■実際にこの1週間で起こったユーザーのアクション(ヒアリングベース)

・Wondershake上で出会って、飲みに行った。

・その場所やレストランに詳しい人が、料理を教えてくれた。

・友達とグループメッセージングサービスとして使った。

etc…

 

同じ興味を持つ人が、繋がっている。

それは、これまでのソーシャルグラフのもう1レイヤー上、

インタレストグラフでの関係性が実際に見えるようになった、という事の現れだと思う。

 

 

■サービスのコアとなるもの

 

「自分へのタグ付け、それが出会いへのキーだ。」

 

Tasteタグは、自分の興味関心のみならず、自分のプロフェッショナルを示すこともできる。

場所と、その瞬間が大事で、フォローや、フレンドという概念はおかない。

ソーシャルグラフはフェイスブックを活用し、本サービスでは持たない。

 

タグに特化することで、見えてくる世界が楽しみだ。

デザインもいいし、オリジナルのタグが増えてきたら集めたい。

人がつながるきっかけになるんですね。

 

 

■今後は?

趣味(Taste)、時間、場所をベースにサービスを拡張していく。

今のメインの利用場所はお店を想定しているが、今後はイベント会場や、職場も。

しかし、「いつもの場所」がベースであることは忘れず、というのが印象的だった。

このグラフィックにもその想いが現れていると思う。

 

 

 

 

 

 

 

※公式マニュアルby @little_shotaroさんはコチラ

http://www.littleshotaro.com/archives/1149

 

 

 

 

■起業という働き方

鈴木くんは現在大学4年生。

各メディアでも報道されている通り、今年、USに会社を登記する予定だ。

 

大学を卒業してから、本来僕らには沢山の選択肢がある。

が、90%くらいの人がシューカツ一本なのでは無いだろうか。

もちろん、やりたい事を見つけることは本当に難しい。

彼のように、「自分で決め、仲間を集める」のは一つの才能だとも思う。

 

だから、彼のように起業するもよし、もちろん企業で働くもよし。

でも、マジョリティ以外が「変わり者」なのではなくて、多様性を受け入れられる僕らになれたらいいな、と思う。

 

日常では起こりえない出会いがWondershakeで起こることを!

 

彼には、”魅力”というタグが付いているからいろんな人に助けてもらえると思う。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加