月別アーカイブ: 2011年5月

【WP講座1/3】WordPressに引っ越してよかったこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 

ブログを、アメブロからwordpressに引っ越してから1ヶ月。

 

7年書いているブログが、再び楽しくなりました。

 

 

最初1ヶ月のPVも、おかげさまで1万を超えて、

スタートとしては良かったなと思います。

(経路を見る限り、Twitter、FacebookがなかったらこんなにPVでないですね)

 

 

 

■Wordpressにしてよかったこと

  • デザインがカッコイイ!
  • 機能をカスタマイズができる(TwitterやFacebook連携がやりやすい)
  • アクセス解析がやりやすい(Ameba界王拳とはおさらば。。)
  • ネットの仕組みが勉強できる(ドメイン取る、サーバー借りる、などなど)
  • これからも進化しそう!(ver.upはもちろん、プラグインもどんどん追加されます)

 

 

TwitterやFacebookについつい時間を使ってしまう人、

いまからブログはいかがでしょう?

 

リアルタイムメディアはニュースや近況の発信にはよいですが、

なかなか資産にはなりにくいのです。

だから、ブログでコンテンツを貯めていくことをオススメします。

 

 

構築の仕方は下記。

創るだけなら1時間くらい、

しっかり機能させようとすると追加で5時間くらいいじると感覚がつかめてきます。

(初心者が勉強しながらの時間です)

 

 

1,ドメイン取ります(10分)

僕は前から使っているムームードメイン。

お名前.comでも、value domainでも、どこでもOKです。

 

 

2,サーバー借ります(10分)

これまた前から使ってるチカッパにしました。

楽をするなら、wordpressが簡単インストールできるのがよいです。

さくらとかでも出来るみたい。

 

そしたらDNS設定をして、ドメインをセットしましょう。

 

 

3,wordpressをインストールします。 (10分)

簡単インストールで。

ここらへん見てね。

http://user.chicappa.jp/?mode=support&state=manual&state2=applications

 

 

ここらへんで、とりあえずインストールは完了。

 

大事なのはここからどんなブログにするか、です。

 

 

 

第2回に続きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



appliiphone

アプリかブラウザか、それが問題だ。スマートフォン編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 

さて、みなさんアプリは好きですか?

 

僕はまあまあ好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなふうに、iPhoneをはじめ、Smartphoneを買うと沢山のアプリを並べることができます。

 

自分だけのコレクション。

 

ガラケーじゃできなかったことですね。

しかも、無料のものも含めてが30万個以上もあるとしたら、満足満足。

 

 

しかし、この傾向は今後どうなっていくでしょうか?

 

 

こんな記事もあります。

Jumptapレポート:モバイルユーザの58%は「アプリケーション」ではなく「ブラウザ」を利用してコンテンツを閲覧

 

あれ、ブラウザのほうが多いの?という反応が多そうです。

これは、データによって、アプリのほうが多かったりと、かなり異なります。

 

 

それでは、今後はどうなっていくのでしょうか?

 

 

僕個人の感想としては、アプリって、前時代的的な感じがするのです。

 

 

たとえば、PCのメールなら、デスクトップアプリのBeckyから、gmailへと、

以前はデスクトップアプリだったものを、ブラウザで済ますようになってませんか?

 

 

さらに、chromeを使うようになると、ブラウザのタブ一つ一つをアプリとして認識するようになります。
メール、カレンダー、Facebook、Hootsuiteそれぞれがアプリ。

 

 

 

 

そんな中、iPhoneが出てからは、

Smartphoneで再び「アプリ」といういちいちダウンロードしなければならないものが流行ってます。

 

 

客観的に見たら、時代に逆行している

回線環境、端末のスペックがまだイマイチなので、ダウンロードしなければならない。

そう考えると、アプリは過渡期にのみあるものだと考えています。

 

 

現時点でアプリが流行っているのは何故か?

そして、これからどちらがスタンダードになるのか?

目安を付けるために、メリット、デメリットを挙げてみます。

 

 

■アプリのメリット

  1. ネイティブ機能が利用可能(カメラなど)

  2. 特した気分(ユーザー体験としてリッチで、ソフトウェアが格安で手に入る気分)

  3. マーケットがある(商品が並ぶお店にいく感覚ですね)

  4. 都度通信しなくてよい(まだ通信環境がよいとは言えないので、オフラインで使えることも大事)

  5. アイコンが目立つ為、サービスにアクセスしやすい

 

 

■デメリット

  1. インストールしなくてはならない

  2. アプリ間の移動が体験としてよろしくない(アプリを閉じたり開いたりは面倒ですよね) ※主にiOS

  3. 複数の端末で同期するには、都度ケーブルを繋ぐ必要がある(クラウドのない時代のようです) ※主にiOS

  4. 新機能が追加された際、更新しなくてはならない(更新、たまってる方多いのでは?)

  5. 大量に端末にもつと、容量を食う

 

 

■ユーザーとしての気持ち(2011年時点)

  • インストールはしたくない
  • リッチな体験は欲しい(アプリは世界観が出せます)
  • スムーズに遷移したい(特にアプリとブラウザの行ったり来たりは面倒)

etc…

 

 

最近PCでは、Chrome web storeでAngry birdをはじめとたゲームが、

ブラウザにインストールできる環境が整ってきました。

 

 

さらに、PCアプリでの課金があるとしたら、モバイルでもありえるでしょう。

グーグル、Webアプリのマネタイズを提供、わずか5%の決済手数料

 

 

どのような条件が揃ったらSmartphoneでブラウザ化が進むというと、

下記だと考えています。

 

 

■今後ウォッチすべき変動要素

  1. 端末のスペック

  2. 回線速度

  3. ネイティブ機能の独自性

  4. アプリ、ブラウザコンテンツの絶対数

  5. コンテンツのクオリティ

 

 

最終的には、上記を踏まえてネイティブ機能が生かせるものはアプリ、

ライトなコンテンツ、広がりを持たせたい物はブラウザ、

というふうに別れていくと思います。

 

回線状況が整うまではアプリですね。

ただ、コンテンツを創る側の気軽さで言えば、

「アプリじゃなくても出来るものをイチイチマーケットに上げるのがめんどくさい」

 

ということで、今のうちから、「Smartphoneのブラウザコンテンツ」

注力していくのも面白いと思うんですね。

HTML5, CSS3, Javascriptの流れで。

 

数年後にはきっと、ブラウザベースのサービスがメインストリームになっていると思います。

特にandroid。

 

 

※追記

例えばiPhoneのfacebookのアプリってイケてないですよね。

でも、ブラウザ版の出来はすごく良い。

 

Quoraの例だと、アプリ自体がありません。

でも、ブラウザ版が完全にモバイル対応しています。

閲覧系コンテンツは、既にブラウザの時代に入っているのかな、と思いますがいかがでしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



HTML5でFRANCK MULLER的なiPhoneアプリを作ってみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 
FRANCK MULLERが好きなんだけど、買えないので、作ってみた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうどう?

 

 

 

ん、ちょっとデカい?

 

 

 

でも、ちゃんと動く時計です。

 

 

 

欲しい方は、iPhoneで下記リンクを開いてね。

iPhone FRANCK MULLER

(Homeにブックマークすれば、ネタアプリに!)

 

 

 

 

■中身解説

  • HTML5とCSS3、Javascriptで作ったwebアプリです
  • canvas使って時計を動かしてます。
  • サーバーはDropBox(最近お気に入りの使い方)

参考:超初心者さんへ!TextEdit(メモ帳)とDropboxでWebページを作ろう

 

■参考書籍

iPhone/iPad × HTML5アプリ制作
古籏 一浩
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 12391

 

 

 

 

 

 

GW明けから、してこうかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



日本の人口ピラミッドを見てビビるべし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 

最近の問題意識として、日本の高齢化をリアルに感じています。

 

日本の人口グラフ、学生時代以来見ていない方も多いと思うのですが、

 

高齢化、ヤバス!!

 

ピラミッド型、釣鐘型とかいう話ではなく、

ジェンガ型、とも言えそうです。

 

平均が45歳、60歳以上なんてザラ。

2010.gif

 

 

年をとればとるほど身動きがしづらくなると思うので、

ネットを活かせると、生活が楽しくなるとおもうんですよね。

買い物も、家でできるし。

 

 

ということで、受動的なスマートデバイスであるタブレットや、

GoogleTVに代表されるスマートTVと、

動画に注目しているのです。

 

 

自分の両親の世代にも、楽しいネットライフを送ってほしいですからね。

日本の消費生活のためにも。

お金持ってる人が使わなきゃ。

 

 

ところで、iPadをバリバリ使ってる、

とかいうお父さんお母さん、もしくはおじいちゃんおばあちゃんいらっしゃいます?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



息子力をつけるゴールデンウィークの過ごし方、その2。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 

嫁の実家、からのー!僕の実家へ。

 

リビングでゴロゴロしつつ、

母用のパソコンを使いやすくしたり、

最近ギターを始めた親父にピッキングのコツを教えたりしました。

 

結婚してから、家族というものを強く意識するようになりました。

立場がかわると、考えも変わるものです。

もし、自分が親だったら、と。

 

最近の問題意識として、日本の高齢化をリアルに感じています。

平均が45歳、60歳以上なんてザラ。

実際に自分の両親がそのゾーンに入ってくるのです。

 

年をとればとるほど身動きがしづらくなると思うので、

ネットを活かせると、生活が楽しくなるとおもうんですよね。

ということで、残りの老後のインターネットライフを充実させるために、

ちょっとパソコンをいじってみました。

 

新たに入れた物

google日本語変換

→ブラインドタッチできないので、予測変換を使う。

 

更新したもの

windows vista service pack 2 java itunes quick time flash などなど

→更新してないのかよっ!

って感じでしたが、していいものかわからないものなんですね。

 

アンインストールしたもの

googleデスクトップ

macafee(ウイルスバスターもいたので)

→重くなったりするやつはカット。

あと、chromeをカスタマイズしたり。 (Googleチャームて呼んでたようです)

 

ちょっとは使いやすくなったかな。

写真はギターを弾く父。 推定60歳くらい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加